The History of The AeroPress, From Concept to Championships

コーヒー

エアロプレスの歴史、そのコンセプトから競技会まで

更新日:

はじめに

みなさん、こんにちは。

今回、ご紹介する記事は”The Perfect Daily Grind“から”The History of The Aeropress, From Concept to Championships“です。

2000年代半ばにフリスビーの会社が発売したコーヒーの抽出器具である『エアロプレス』は、その後世界中に広まり、今でも世界のコーヒーラヴァーを魅了し続けています。

それまでとは全く異なるコンセプトでコーヒーを抽出するその器具は、瞬く間にコーヒーラヴァーズの心を鷲掴みにし、各地で競技会が開催され、新たなレシピが生み出され続けているのです。

海外の記事を参考に、その歴史とコンセプトから競技会までエアロプレスの世界情勢を見てみましょう。

The History of The AeroPress, From Concept to Championships

The History of The AeroPress, From Concept to Championships

本文読解編

今回は短めです。頑張っていきましょう!

The AeroPress was not an overnight smash hit. It didn’t look like a coffee brewing device. It was produced by a sports toy manufacturer best-known not for their coffee but for their flying disc. 

Yet somehow, today, the AeroPress is one of the world’s most iconic coffee-brewing methods; the tool of a world coffee championship, the World AeroPress Championship (W. A. C.); and even the subject of its own movie, AeroPress Movie.

How did this happen? We reached out to Alan Adler, AeroPress designer and President of AeroPress, Inc., to hear his opinion.

https://www.perfectdailygrind.com/2019/03/the-history-of-the-aeropress-from-concept-to-championships/

エアロプレスは一夜限りのスマッシュヒットではない。それはコーヒーの抽出器具には見えない。この器具を作り出したのは、コーヒーではなくフリスビーでよく知られるスポーツ玩具会社である。

とにかく、今日では世界でもっとも象徴的なコーヒー抽出方法の一つとなっており、器具別の世界競技会である『ワールド・エアロプレス・チャンピオンシップ(W.A.C)』が開催され、さらにはそれ自身が題材となって『AeroPress Movie』という映画にまでなっている。

どのようにしてこのような状況になったのか。我々はエアロプレスの生みの親であり、AeroPress, Inc社長のAlan Adler氏に接触した。

The Origins of The AeroPress

A small, two-tubed device, the AeroPress quickly brews a full-bodied coffee by allowing the user to push the water through the puck. Unlike pour over devices, it’s inspired by espresso machine technology – except electricity and levers are replaced by human pressure. 

It also has similarities to the French press, although it’s become embraced by the specialty coffee industry in a way that the humble French press has yet to achieve. What’s more, the brew time (and recommended water temperature) is significantly shorter with the AeroPress.

In other words, while the AeroPress is a common sight nowadays, it was truly something out of the ordinary when it first appeared back in 2005. Alan Adler approached creating it like the engineer that he is, starting off with the problem (he wanted reduced bitterness in his daily coffee) and from there finding the solution (reduced brew time). 

In order to reduce the brew time, he realised that he needed to take advantage of pressure. A closed chamber increased the pressure from the “push” sufficiently that Alan was then able to brew his coffee faster. (Of course, today, you’ll find a wide range of AeroPress recipes – some with longer brew times than others!)

Numerous prototypes later and Alan Adler had his AeroPress. His small, family-run business (which still only has a dozen or so employees) soon began producing it and demonstrating it at trade shows.

https://www.perfectdailygrind.com/2019/03/the-history-of-the-aeropress-from-concept-to-championships/

エアロプレスの起源

小さな二つの筒状のエアロプレスは、水をパック状のコーヒー粉に押し通すことで、フルボディのコーヒーを素早く抽出することを可能にしている。ポアオーバーではなく、エスプレッソマシンの抽出機構にヒントを得ている。電気やレバーを人の力に置き換えたこと以外は。

フレンチプレスに似ている点もあるが、スペシャルティコーヒーの業界ではある意味で地味なフレンチプレスよりも受け入れられている。更に言えば、抽出時間や推奨されている湯温は圧倒的に短い、あるいは低い。

言い換えると、エアロプレスは今ではごく一般的になっているが、2005年に初めて紹介された時には本当に特異なものと見なされた。Alan Adler氏はエンジニアらしく、コーヒーの苦みを低減したいという課題から出発し、抽出時間を短くするという解決方法を見つけることでこのエアロプレスを作り出したのである。

抽出時間を短くするためには、彼は圧力を利用する必要性に気が付いた。閉鎖系のチャンバーが「プッシュ」して得られる圧力を十分に増大し、抽出時間を短縮することができるようになった(もちろん、今日では多種多様なレシピが存在し、その中には他と比べてより長いものも存在する)。

その後、Alan氏は試作を繰り返し、遂にエアロプレスを完成させる。彼の小さな家族経営のビジネス(今でも数十人の従業員しかいないが)はすぐに製造を開始し、展示会で紹介するようになった。

Winning Over The Coffee Industry

Many in the specialty coffee industry responded sceptically, dismissing the AeroPress as a gadget device from a toy maker rather than a revolutionary new brewer. 

But over time, this started to change. Alan responded to the raised eyebrows with brewed coffee samples and the news began to spread. The proof of the AeroPress’ quality was, after all, in the coffee cup. 

Yet there are many coffee brewing devices out there. How did the AeroPress achieve such remarkable popularity? 

Alan says, “Coffee is a global phenomenon. And various brewing methods have gone global. It helped that the AeroPress brews a very tasty cup in one minute, is self-cleaning, portable, inexpensive and can be used many different ways.”

And maybe there was something else behind the AeroPress’ surge in popularity – the very same thing, perhaps, that led to the World AeroPress Championship. I’m talking about the ability to experiment. 

Brew time, push time, coffee dose, coffee:water ratio, water temperature, and even whether or not you invert the brewer; there is a wealth of ways to play with the AeroPress and so enhance different characteristics in your brewed coffee.

https://www.perfectdailygrind.com/2019/03/the-history-of-the-aeropress-from-concept-to-championships/

コーヒー業界に受け入れられるまで

スペシャルティコーヒー業界は、革新的な新しい抽出器具とは受け止めず、玩具メーカーが作ったちょっとした器具として消極的な反応を示した。

しかしこの反応も時間が経つにつれて変化した。Alanはサンプルで抽出したコーヒーで人々を驚かせ、このニュースが広がった。結局は、エアロプレスの品質の高さはコーヒーカップの中で証明されたのである。

コーヒーの抽出器具は他にもたくさんあるが、どのようにしてエアロプレスはこのような驚異的な人気を獲得できたのだろう。

Alan氏は言う。「コーヒーは世界的に人気があります。そして、幾つもの抽出法がグローバルになっています。エアロプレスがここまで広まったのは、1分で美味しいカップが抽出できる上、簡単に洗浄でき、携帯性があり、廉価で様々な方法で抽出することができるためでしょう。」

そしておそらく、エアロプレスがこれほど爆発的な人気を博した背景にはもう一つ理由がある。それはまさしく世界エアロプレスチャンピオンシップが開かれるようになった理由でもあるだろう。それはつまり、実験能力である。

抽出時間、プッシュ時間、コーヒー粉の量、コーヒーと水の比率、湯温、更にはインバート(エアロプレスを逆さまにして抽出する方法)するかどうかなど、エアロプレスには豊富な検証材料があり、そのため個性豊かなコーヒーを抽出することが可能となるのである。

Champion of The World

Specialty coffee has plenty of competitions: the World Barista Championship, the World Brewers Cup Championship, the World Latte Art Championship, the World Roasting Championship… not to mention all of the green bean competitions and awards.

But in 2008, a new one appeared – an irreverent, playful one that never expected to be taken seriously. The first ever World AeroPress Championship (W.A.C.) was held in Oslo and, despite the grand name, had just three competitors. It was organised by Tim Varney (who still runs the event today, along with Tim Williams) and Tim Wendelboe.

But – much like the AeroPress itself – the competition has become a popular and indispensable part of the coffee championship calendar. In 2018, over 3,157 people from 61 countries competed, watched by a grand total of 68,265 eager spectators.

“Obviously, an AeroPress can be used many ways. Competitors invent new ways and fine-tune existing ways. It’s not likely that a competition could develop around a push-button automatic brewer,” says Alan. 

He considers the W.A.C. to be “the people’s championship”, one that anyone can compete in, regardless of their resources or access to green coffee. It’s one that rewards creativity and experimentation – so long, of course, as that creativity results in better coffee.

https://www.perfectdailygrind.com/2019/03/the-history-of-the-aeropress-from-concept-to-championships/

世界チャンピオンについて

スペシャルティコーヒーの世界には数多くのコンペがある。バリスタ、ブリュワーズ、ラテアート、ロースティング、これに加えて、生豆のコンペや品評会など。

2008年に新たな競技会が催される。それはそれまで不遜で冗談のようなものとして誰にも真剣に受け取られていなかった。初めてのワールド・エアロプレス・チャンピオンシップ(W.A.C)はオスロで開催され、その仰々しい名前にも関わらず、参加者はたったの3名であった。その大会はTim Varney氏(彼はTim Williams氏とともに現在も大会を運営している)とTim Wendelboe氏によって企画運営された。

しかしその後、エアロプレスそのものと同様、競技会は人気となりコーヒーのチャンピオンシップのいち行事として欠かせないものとなっている。2018年には、61の国から3157名の参加者があり、合計68265名の熱心な観客に観戦された。

「見ての通り、エアロプレスは様々な使われ方をしている。競技者は新しい抽出方法を生み出し、現存の抽出方法を微調整し続けている。ボタンを押すだけで自動的に抽出されるような器具ならこうはならなかっただろう。」とAlan氏は言う。

彼は、W.A.Cが「人々の競技会」であり続けるだろうと考えている。それはその人が置かれた環境や生豆の入手経路に関わらず、誰でも参加できるということであり、創造性や実験結果に対して評価が下されるような大会である。そうであれば、もちろんその創造性がより良いコーヒーにつながっていくのである。

What’s Next For The AeroPress?

The AeroPress has gone from underdog to a giant of the coffee industry. Yet while its success has rocketed, little about the device has changed. It’s now a transparent black as opposed to clear plastic, but if it weren’t for that, you would be hard-pressed to spot the differences between one from 2006 and one from 2019. 

Yet is something new on the horizon? “A more portable version is coming soon,” hints Alan, while not giving any further details.

As for the W.A.C., Alan is optimistic about its future growth. “We strive to enhance the enjoyment of the participants. That’s our highest priority. This year’s event was extended from one day to two days and the participants all loved the opportunity to socialise. More enjoyment will be added in 2019,” he says. 

https://www.perfectdailygrind.com/2019/03/the-history-of-the-aeropress-from-concept-to-championships/

次にエアロプレスに起こることは何か

エアロプレスは日陰者からコーヒー業界の巨人になった。爆発的な成功を納めた一方で、器具には少し変更が加えられた。透明なプラスチックとは対照的に現在は半透明な黒色になっているが、そうなっていなければ、2006年製のものと2019年製のものを見分けるのは非常に難しいだろう。

それとも新しい何かが次に待ち受けているのだろうか。「より携帯性のあるものが近々発売される」とAlan氏はほのめかすが、これ以上の詳細は明かしていない。

W.A.Cについて、Alan氏はさらなる成長に対して楽観的である。「我々は参加者がより楽しめるように努力していきます。それこそがもっとも重要なのです。今年の大会は1日から2日に伸び、参加者により開かれた機会が好評を得ています。2019年はさらに楽しんでいただける仕組みを設けるつもりです。」

おわりに

エアロプレスは私が知る限りもっとも新しいコンセプトの抽出器具です。

最初はオモチャのように扱われ、類稀なるカップクオリティで市民権を得ていく様子は胸が熱くなりますね。

一方で、エアロプレスが世界中で支持されている様子を見ると、コーヒーピーポーの受容性と好奇心には恐れ入ります。

エアロプレスの世界チャンピオンは我らが日本人からも輩出されていたと思いますが、俄然飲んでみたくなりました。

個人的には、『The AeroPress Movie』を早く観たい、ということと、近々お目見えする新しいエアロプレスがとても気になります。

それでは、とっておきのコーヒーライフを!

-コーヒー
-, , , , , ,

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d bloggers like this: