How Much Does Your Coffee Actually Cost to Produce?

コーヒー

海外記事を参考にコーヒー生産のコストについて考えてみよう!

投稿日:

はじめに

みなさん、こんにちは。

今回は、視点を変えてコーヒーの生産コストについて海外の記事を参考に考えてみたいと思います。

日本は世界有数の消費国だからこそ、コーヒーの抽出や焙煎と同じくらい、ある意味それ以上に重要なトピックだと思います。

消費国としては耳の痛い話かもしれませんが、コーヒーに関わる以上、避けることはできない問題でもあります

今回紹介する記事は、お馴染みPerfect Daily Grindから、”How Much Does Your Coffee Actually Cost to Produce?“です。

本編

それでは、はりきっていきましょう!

Rural producers lifting themselves and their communities out of poverty through coffee production: it’s a romantic idea. And it’s easy to feel skeptical when we hear a coffee shop or roastery saying it. Yet as incredible as it sounds, it’s important to know that this is not an overstatement. Coffee has the power to either accelerate – or slow down – the economic development of entire communities.

コーヒー生産農家が彼ら自身あるいはコミュニティをコーヒーの生産を通して貧困から脱出させる、というのはロマンティックなアイデアだ。そして、コーヒーショップやロースタリーがそんなことを言っているのを聞くと懐疑的にならざるを得ない。ただ信じられないかもしれないが、これが誇張ではないことを知っておくのは大切なことだ。コーヒーにはコミュニティ全体の経済発展を加速させる、あるいは減速させる力があるのだ。

Yes, you read that right. Your cup of coffee that you love and depend on so much can change the lives of millions of people. Just as important, though, is the reminder that it can also change lives for the worse.

そう、読んだ通り。あなたが愛し依存しているその一杯が数多の人たちの生活を変えうるのだ。ただ覚えておかなければならないのは、悪化させることもあり得るということである。

And nowhere is this made more apparent than in recent Anacafé-led research into the costs of coffee production.

コーヒーの生産コストに関するAnacafé-ledが行なった調査はそのことをはっきりと示している。

Why We Need to Understand The Costs of Production

なぜ生産コストを理解する必要があるのか

Guatemala’s national coffee association, which operates under the brands Anacafé and Guatemalan Coffees, recently partnered with Central American Business Intelligence (CABI) to develop a study titled La Importancia del Café en la Economía Guatemalteca y el Estado actual de su productividad y sostenibilidad (The Importance of Coffee in the Guatemalan Economy and the Current State of its Productivity and Sustainability).

グアテマラコーヒー協会が発表しているのが、「グアテマラ経済におけるコーヒーの重要性および生産性とサステナビリティの現状」である。

The study highlights some of the most important themes within Guatemala’s coffee industry. And Evelio Alvarado, General Manager at Anacafé, Guatemala’s National Coffee Association, tells me that Anacafé has been sharing these results with producers, roasters, consumers, the ICO, and more.

この研究はグアテマラのコーヒー産業における最も重要なテーマを浮き彫りにした。Anacaféはこれらの結果を生産者、ロースター、消費者などと共有してきた。

By simplifying the results and making them accessible to everyone, Anacafé hopes that people at all levels of the coffee chain will have a better understanding of the complexity of coffee production – and from there, how to improve the supply chain and better support producers.

結果をシンプルにして誰でも理解できるようにすることで、Anacaféは、コーヒー供給網に関わる全ての人がコーヒー生産の複雑さに対して理解を深め、供給網を改善し、生産者がより良いサポートを受けられるようにと望んでいる。

So, let’s take a look at the results.

それではその「結果」を見ていこう。

Guatemala: A Country Shaped by Coffee

グアテマラ:コーヒーが主産業の国

Coffee has, for centuries, been one of Guatemala’s most important agricultural commodities. It’s shaped landscapes, societies, and, without a doubt, communities too.

何世紀にも渡って、コーヒーはグアテマラにとって最も重要な農産品のひとつである。景観や社会を、そしてそれは間違いなくコミュニティを形作ってきた。

Evelio explains that, in Guatemala, there are entire municipalities that depend 100% on coffee production. What this means is that, if the coffee is sold at a good price, then the producer does well. If the producer does well, then they’re able to support the rest of the community. Then, in turn, there is economic development in the region. As Evelio says, “everything [in the town] moves if there is a good harvest.”

グアテマラには自治体全体が100パーセントコーヒー生産に頼っているところもあるという。このことが意味するのは、コーヒーがより高値で売れれば生産者が潤い、さらには残りのコミュニティが潤うということだ。そしてその地域の経済発展につながる。

However, not all is good news. Paulo De León is the author of the study commissioned by Anacafé and CABI. He tells me that one of its conclusions is that production costs in Guatemala are greater than the market prices, meaning that coffee farming isn’t a sustainable career for most Guatemalans.

しかしながら、良いニュースばかりではない。研究者によると、グアテマラの生産コストは市場価格よりも高く、多くのグアテマラ人によってコーヒー生産は持続可能なキャリアではないのだ。

In other words, most coffee producers can’t make a living through coffee; they need to diversify their sources of income to survive. This is incredibly worrying when entire communities depend solely on coffee for their economic development and livelihood.

言い換えれば、コーヒーでは生活が成り立たないので、他に仕事をして収入を補う必要があるのだ。これは、コミュニティ全体が経済発展や生活の糧をコーヒーのみに依存している場合には非常に大きな不安材料である。

But why is coffee production so unprofitable?

しかし、なぜコーヒー生産はそれほどまで採算が合わないのだろうか。

Labor: The Biggest Expense in Coffee Production

労働者:コーヒー生産における最大の支出

You might expect fertilizers or equipment to be the biggest expense for coffee producers. Yet Paulo tells me that, actually, it’s labor. On average, he says, Guatemalan producers spend 65% of their yearly budgets on their workforce.

コーヒーの生産者にとって肥料や農機具が最大の支出であることを期待したかもしれない。しかし最大の支出は労働者への賃金なのだ。平均して、労働力に支払われる支出が全体の65パーセントにのぼっている。

According to the study, Guatemala has the second-most expensive labor cost in Latin America and the highest minimum wage among Latin American producing countries. And Anacafé tells me that, since the study’s publication, the minimum wage has increased from US $420 to US $480 per month.

件の研究によれば、グアテマラはラテンアメリカにおいて2番目に労働力が高く、ラテンアメリカの生産国の中でも最も最低賃金が高い。研究が発表されてから、最低賃金は一月当たり420米ドルから480米ドルに増えた。

Balancing the need for both good wages and profitable coffee businesses is key to the country’s economy and the health of farming communities. It’s important that we understand the impact of high labor costs on the entire coffee chain.

適切な賃金と採算の合うコーヒービジネスの両方を満たすバランスがグアテマラの経済と農村コミュニティの健全性のキーだ。高い労働コストがコーヒーサプライチェーン全体にどれほど影響があるか理解することが重要である。

High Labor Costs Affect Farm Investment

高い労働コストが農場への投資に影響する

High labor costs have their positive sides; they ensure laborers receive a better wage, for example. Yet when producers can’t cover the costs of production, they may be forced to then cut corners on fertilizers and nutrients, meaning that future harvests will be smaller. Smaller harvests, in turn, require fewer workers to cultivate the trees throughout the year and finally harvest them. When communities depend on coffee, this means fewer jobs and therefore less economic development.

高い労働コストは良い面もある。例えば、労働者がより良い賃金を受け取ることができることだ。しかし、生産者は生産コストをカバーできなかった時には、肥料などのコストをカットせざるを得ないだろう。それは将来的な生産量の減少を意味する。生産量が減るということは、必要となる労働者が減ることに繋がる。コミュニティがコーヒーの生産に頼っている場合、仕事が減り、経済発展が減退することを意味する。

When labor costs are unsustainable, eventually the whole community can suffer.

労働コストの採算が合わなければ、結局、コミュニティ全体が苦しむのである。

Christian Starry is a Guatemalan coffee producer and exporter. For him, the majority of his yearly expenses is “clearly labor.” He tells me that it accounts for 57% of his expenses – less than the country’s average but still a significant amount. This figure includes both his permanent and seasonal workers.  

例えば、あるコーヒー農園では生産コストの57パーセントが労働コストである。

How Coffee Leads Economic Development

コーヒーがどのように経済発展に貢献するか

Yet while labor costs can take away from a budget, and slow down farm investment, they can also translate to economic development in coffee communities.

労働コストが予算を奪い、農場への投資が減速しても、それらはコーヒーコミュニティの経済発展につながる。

Anacafé’s study also found that nearly 400,000 people across 67% of the country’s municipalities work in coffee. In some places, this figure is much higher. Take Santa Rosa, Guatemala: jobs generated, either directly or indirectly, by coffee represent one-quarter of the working population, while three-quarters of the population are affected by the industry.

グアテマラの67パーセントの自治体に渡って40万人近くの人々がコーヒー関連で働いている。ある地点ではこの数字はさらに高い。グアテマラのサンタ・ロサでは労働人口の4分の1がコーヒー産業に従事しており、4分の3はこの産業に何らかの形で関わっている。

Christian’s farm lies just 45 minutes from the capital, meaning that it’s located in a relatively urban area. However, coffee is still one of the main economic forces that have driven development in his region. As a fifth-generation farmer, Christian knows that his farm has had a direct impact on the local community.

首都から45分に位置する比較的都会よりの5世代に渡るコーヒー農園はいまだに経済的な影響力を持っている。

He tells me that, ever since he can remember, the local town has been constantly expanding. 20 years ago, there used to be about 100 families living in the area; now there’s close to 700. With this coffee-fuelled expansion, there’s also been an increase in the amount of small businesses popping up.

その農園の周辺は過去20年に渡って着実に成長している。かつては100世帯ほどが暮らしていたが、今では700世帯近くが生活している。このコーヒーによってもたらされた成長は、いくつものスモールビジネスを生み出し増やしてきた。

People are starting their own enterprises and are even buying local franchises. The town is already on its “second or third local fast food chicken franchise”, Christian tells me. His farm manager, a permanent worker, has even started his own transportation business on the side and just purchased his second car to expand it. Local business is booming, all thanks to coffee.

人々は自身の会社を始めたり、フランチャイズを買ったりしている。コーヒーのお陰で、地元のビジネスは活況を呈しているのだ。

So, when we look at towns like Christian’s, or Santa Rosa, we can see how important it is for coffee farmers to make a profit – and for laborers to receive decent work wages. For both to be feasible, producers need to be paid fair prices for their coffee.  

これらのことから、コーヒー農園のオーナーが利益を出し、労働者が十分な賃金を得ることがいかに大切であるかがわかる。この両方を実現するためには、生産者がフェアな価格でコーヒーを買ってもらう必要がある。

Fair Prices for Good Coffee

良いコーヒーにはフェアな価格を

This is really what it all comes down to. Coffee production is expensive, especially when it’s specialty coffee. And if coffee producers can’t cover their costs because of low market prices or low offers from coffee buyers, communities can’t develop. This means that small local businesses might go bankrupt, entrepreneurship will decrease, and education may become a second thought.

まさにこれに尽きる。コーヒーの生産にはコストがかかる、それがスペシャルティコーヒーなら尚更である。そしてもし、市場価格が低かったり、バイヤーから低い価格を提示されることで生産者がコストをカバーできなければ、コミュニティは発展できない。つまり、地元のスモールビジネスが破産し、起業家精神が減退し、教育が二の次になる、ということだ。

Moreover, coffee quality may also decline, as farmers are unable to invest in equipment, fertilizers, and more.

さらには、農家は機材や肥料などに投資できないので、コーヒーの品質が落ちるだろう。

With a rising popularity of coffee shops in high-income countries, consumers are already willing to pay good prices for a cup of specialty coffee. There’s also a growing trend, especially among millennials, to seek coffee that has been ethically produced with the farmers paid fairly. Sustainable coffee is important to a large demographic of the coffee-consuming population.  

先進国にコーヒーショップが増えるにつれて、消費者はすでにスペシャルティコーヒーに適正な価格を喜んで支払っている。特にミレニアル世代の間で、生産者にフェアな支払いをされたような倫理的に生産されたコーヒーを求めることがトレンドとして育っている。持続可能なコーヒーは消費国の人々にとって大事なことなのだ。

Yet Paulo tells me that only a tiny percentage of a coffee’s costs makes it back to the producer and their community. This is unthinkable.

しかし、今回分かったのは、生産者にバックされる生産コストはほんの僅かだということだ。これは考えられないことだ。

So, what can you do? Spread the news. Let people know the results of Anacafé’s studies and others like it. And commit to paying fair prices for coffee.

我々にできることは何だろうか。このニュースを広めよう。今回の調査結果やこのような情報を人々に知らせよう。そして、コーヒーにフェアな価格を支払うようにしよう。

おわりに

コーヒーって美味しいですよね。

焙煎にしても抽出にしてもとても楽しい。

日本はコーヒー消費国側なので、コーヒーの楽しい面ばかり見えます。

でも、一方ではコーヒーの生産国の多くは発展途上国で、世界でも特に貧しいクラスに属する国も少なくないのが現状です。

たまに今朝の一杯がどのようにそこまで辿り着いたのか、想いを巡らせることがあってもいいのではないかと思います。

文中にもありましたが、私はコーヒーの持つ力、可能性を信じています。

少し古いですがドキュメンタリー映画『おいしいコーヒーの真実』もとても面白い作品ですのでオススメです。

それでは!

-コーヒー
-, , , , ,

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d bloggers like this: