Coffee Producers Demand Immediate Action Amidst Price Crisis

コーヒー

「コーヒーの価格が下がっている」という報告を読んでみる

投稿日:

Coffee Producers Demand Immediate Action Amidst Price Crisis

こちらは前置き無しでご紹介していきたいと思います。

ソースはDaily Coffee NewsからCoffee Producers Demand Immediate Action Amidst Price Crisisです。

ちなみにスクリーンショットにちらっと見えているグラフはここ2年間のコーヒー価格の変動です。

本編

A consortium of major organizations representing coffee producers throughout the world has issued a sweeping condemnation of the global coffee industry as the “C price” for coffee sits at historic lows.

世界中のコーヒーの生産者を代表する団体が、コーヒーの価格(Cプライス)が歴史的な低さとなっていることを非難する声明を発表した。

Without immediate action to supply better collective prices to the world’s approximately smallholder farmers, the coffee industry may likely be contributing to a widespread humanitarian crisis as coffee farmers abandon coffee in favor of illicit crops or migrate in search of better opportunities, the group warned today.

世界中のおよそ2500万の小規模農家に適正な価格が提供されなければ、コーヒー産業は広範囲に及ぶ人道的危機に貢献することになるだろう、人道危機とはつまり、農家が非合法の作物の栽培に手を染めたり、難民となったりするということだ、とその団体は警鐘を鳴らしている。

Thirteen organizations representing the World Coffee Producers Forum — including Colombia’s FNC, Africa’s AFCA, Latin America’s Promecafe, Brazil’s BSCA and the United States/Europe’s Specialty Coffee Association — have attached their name to a declaration calling for immediate action in response to low coffee prices.

世界コーヒー生産者フォーラムを代表する13の団体(コロンビアのFNC、アフリカのAFCA、ラテンアメリカのPromecafe、ブラジルのBSCA、そして米国とヨーロッパのスペシャルティコーヒー協会を含む)は、コーヒーの低価格に対する即時の行動を求める声明に署名した。

The groups are specifically addressing the ICE futures price for commodity coffee — often called the “C Price” — which is widely used as a price discovery and reference tool in the creation of futures contracts for transactions of green coffee. Throughout the coffee sector, the C price serves as a benchmark that affects prices at virtually all levels of the coffee trade.

それらの団体は具体的にはコモディティコーヒーのICE将来価格(しばしば「Cプライス」と呼ばれる)に言及している。この価格は、生豆の将来的な取引価格を決定される際に参照されるものである。コーヒー部門を通して、Cプライスはベンチマークとして事実上全てのレベルのコーヒー取引に影響する。

“Producing countries and other players are concerned that today’s ‘C’ contract is not the right price discovery mechanism and that by allowing the impoverishment of producers, the coffee industry is compromising its own future,” the consortium of producer groups wrote in yesterday’s declaration.

「生産者や他の関係者が懸念するのは、今日のコーヒー取引は適正な価格決定の仕組みで行われておらず、生産者を疲弊させることで、コーヒー産業自らの将来不安を招いている。」と声明では言及している。

Earlier this month, the C price for May futures fell to USD $0.9465 per pound, its lowest level since 2006. As of this writing, the C price for May contracts was $0.9400. In fact, coffee prices have been in a dramatic slump through much of 2018 into 2019, repeating a downward cycle in a coffee commodities market that has been highly volatile in a free market period since 1989.

2019年3月初旬には、5月の先物取引価格が1ポンドあたり0.9465米ドルまで落ち込み、2006年以来の低さとなった。この記事を書いている間に5月の先物取引価格は0.9400米ドルとなっている。事実、コーヒーの価格は2018年から2019年にかけて劇的に落ち込んでおり、1989年から非常に不安定な自由取引市場となっているコーヒーのコモディティコーヒー市場は下降サイクルを繰り返している。

“Today’s ‘C’ futures contract was created as the price reference for a basket of mild arabica coffees of similar quality known as ‘Centrals,’” the group wrote. “Today, with several changes introduced over time, it is widely acknowledged that the ‘C’ futures contract based price does not cover production costs for most producers due to several factors, including speculation by hedge funds that do not understand or care about coffee.”

「今日のコーヒー先物取引市場は「セントラル」として知られる同質のアラビカコーヒーについての参照価格として形成されている。」と声明には述べられている。「今日では、時間とともにいくつかの変更がなされ、コーヒーの先物取引価格が多くの生産者にとって生産コストを考慮せずに決定されていることが知られており、それはコーヒーを理解しない、あるいは気にしないヘッジファンドによる投機対象となっていることなどが要因である。」

DCN identified coffee prices as the top story of 2018, as we published dozens of news pieces and columns on the ongoing coffee price crisis. Colombian coffee leaders have suggested that the country’s producers find a way to bypass the C market altogether to try to find prices that can meet costs of production. Last October, producer groups from more than 30 countries sent an open letter to some of the world’s largest coffee roasting companies calling for action.

DCNはコーヒーの価格が2018年の重要なテーマであるとして、多くのニュースやコーヒーの価格危機に関するコラムを紹介してきた。コロンビアのコーヒー産業のリーダーたちによれば、同国の生産者は一丸となってコーヒー市場の横道を見つけて、生産コストに見合う取引価格を見つけようとしているそうである。昨年の10月には、30以上の国から集まった生産者団体が、世界的なコーヒー焙煎企業のいくつかに対して、対応を求めた公開書簡を送った。

In today’s letter, signed by many of the same producer-representing organizations, the consortium acknowledged past pleas to actors on the traditional roasting/consuming side of the industry.

今回の声明には、これらの生産者団体とともに、消費側のコーヒー産業からも団体が署名した。

“Coffee farmers from all over the world have been reaching out for years to the rest of the value chain hoping for a collective, constructive and realistic approach to secure the economic sustainability of producers,” the group wrote. “The response — unfortunately — has been very weak.”

「世界中のコーヒー生産者が、経済的な持続性を保証するよう集合的、建設的で現実的なアプローチを、残りのバリューチェーンのプレーヤーの求めている。残念なことに、反応は薄い。」と声明では述べている。

Here is yesterday’s declaration from the World Coffee Producers forum consortium, in full:

ここに、昨日世界コーヒー生産者フォーラムから発表された声明の全文を示す。

DECLARATION OF THE COORDINATION GROUP OF THE WORLD COFFEE PRODUCERS FORUM

NAIROBI, KENYA

MARCH 26TH, 2019

Nairobi, March 26th, 2019.- The current social and economic crisis created by extremely low international coffee prices has come to a point where the coffee value chain -as a whole- cannot just continue talking about it, without taking serious and immediate action.

2019年3月26日ナイロビにて。世界的なコーヒー価格の低下によってもたらされた社会的あるいは経済的な危機は、コーヒーのバリューチェーン全体において話し合いをしている場合ではなく、真剣にかつ早急な対応をしなければならないところまできている。

According to the International Coffee Organization ICO, about 25 million families -mostly smallholders- produce coffee in the world. Today, most of them cannot even cover their production costs and many of them cannot make a living for themselves and their families

ICO(国際コーヒー機関)によると、2500万のコーヒー農家(そのほとんどが零細農家)がコーヒー生産に従事している。今日では、そのほとんどが生産コストをカバーできず、家族を養えないでいる。

The world drinks 1.4 billion cups of coffee every day (*) and consumers pay very high prices for them (from $3.12 in the U.S. to $4.60 in Shanghai to $ 6.24 in Copenhagen in 2018 (**)). In many cases, those prices are reached with the promise of the coffee being sustainable. However, the sustainability promise usually focuses only on two of its three aspects: environmental and social. Economic sustainability, the income of the farmers itself, has been neglected by the coffee value chain under the premise that “the market is the market” and we need to let it rule.

世界中で毎日14億杯のコーヒーが消費され、消費者はとても高い値段を払っている(2018年では、米国の3.12米ドルから上海の4.6米ドル、コペンハーゲンの6.24米ドル)。ほとんどの場合、これらの価格はコーヒーの持続可能性を維持するために支払われている。しかしながら、持続可能というとき、通常、3つ観点のうち2つにのみ焦点が当てられている。環境と社会である。経済的な持続可能性、つまり生産者への収入自体は、「市場任せ」が前提のバリューチェーンによって無視されており、我々はそれを支配させる必要がある。

Today’s “C” futures contract was created as the price reference for a basket of mild arabica coffees of similar quality known as “Centrals”. Today, with several changes introduced over time, it is widely acknowledged that the “C” futures contract based price does not cover production costs for most producers due to several factors, including speculation by hedge funds that do not understand or care about coffee.

(上記で紹介しているので割愛します。)

In 1982, the price of coffee fluctuated between US$1.18 and US$1.41 in the international market and a cup of coffee averaged US$ 1.10 in the United States; in 2018, the average price of a pound of arabica coffee in the international market averaged US$1.01. Furthermore, on March 22nd, 2019, the price closed below US$0.95. Coffee producers have lost more than 80% of their purchase capacity in the last few decades.

1982年、コーヒーの価格は1.18から1.41米ドルで市場取引されており、この時、米国ではコーヒー一杯は平均して1.10米ドルだった。2018年現在、アラビカコーヒーは国際取引市場で1ポンドあたり平均して1.01米ドルだ。さらに、2019年3月22日には、価格は0.95米ドルまで下がっている。コーヒー生産者は過去数十年の間に、購入容量を80パーセント以上も失った。

The current pauperization process of coffee producers is destroying the very social fabric in the rural areas of more than 40 countries in Africa, Asia and Latin America, leading to increased criminality in producing nations, more poverty in the cities, and massive migrations towards the United States and Europe. In some countries, the current crisis has become an incentive to shift to illegal crops because farmers cannot make a living from coffee alone.

コーヒー生産者の現在の貧困化プロセスは、アフリカやアジア、ラテンアメリカの40以上の国々の僻地の非常に社会的な組織を破壊し、生産国の犯罪を増加させ、都市部の貧困化を招き、多くの移民を米国やヨーロッパに向かわせている。いくつかの国では、コーヒーのみでは生活が成り立たないため、最近の価格危機が違法作物への転作を促すインセンティブとなっている。

Quality and availability are also threatened. Producers who stay in coffee will not be able to afford the proper care of their farms and their coffee which leads to improper fertilization and care of the trees, affects quality and deprives consumers the diversity that they enjoy today. Adaptation and mitigation of the effects of climate change are other burdens that falls on the shoulders of producers.

品質や供給もまた脅かされている。コーヒーの生産者は、農場に対して適正な投資をする余裕がなくなり、不適切な肥料やりや木々へのケアへと繋がるだろう。このことが、品質に影響し、消費者が楽しんでいるような多様性は失われるだろう。気候変動への対応や軽減はさらなる重荷として生産者の肩にのしかかっている。

Producing countries and other players are concerned that today’s “C” contract is not the right price discovery mechanism and that by allowing the impoverishment of producers, the coffee industry is compromising its own future.

(上記で紹介しているので割愛します。)

The current economic sustainability crisis of coffee producers needs to be addressed immediately before it becomes a humanitarian crisis. An approach based on the principle of co-responsibility and total transparency must be implemented to ensure that all the links of the value chain are profitable and healthy. Even if a coffee results in a great beverage, if it does so at the cost of the dignity, value or well being of the people and the land involve, it cannot truly be a sustainable coffee. ICE cannot be absent in this discussion.

現在のコーヒー生産者に対する経済的な持続可能性の危機は、人道的な危機になる前に早急な対応が必要である。共同責任の原則に基づいた対応と全体の透明性がバリューチェーンが関わる全てのプレーヤーが採算性があり健全であることを実現するために実行されるべきだ。たとえコーヒーが偉大な飲み物だとしても、それが関わる人々や土地の尊厳や価値、幸福を犠牲にしているとすれば、それは真に持続可能なコーヒーにはなり得ない。ICEはこの議論に不参加ではあり得ない。

Coffee farmers from all over the world have been reaching out for years to the rest of the value chain hoping for a collective, constructive and realistic approach to secure the economic sustainability of producers. The response -unfortunately- has been very weak.

(上記で紹介しているので割愛します。)

When it comes to economic sustainability of coffee producers, it is clear:

¡NO ACTION IS NOT AN OPTION!

* Source: International Coffee Organization

** Source: Statista

ACRAM –Agencedes Cafés Robusta d’Afrique et Madagascar, Cameroun,Centrafrique, Côte d’Ivoire, Gabon, Madagascar, RDC, Togo

AFCA – African Fine Coffees Association: Burundi,Cameroun, DR Congo, Ethiopia, Ghana, Kenya, Malawi, Rwanda, South Africa, Tanzania, Uganda, Zambia, Zimbabwe

AMECAFE – Asociación Mexicana de la Cadena del Café

ANACAFE – Asociación Nacional del Café Guatemala

BSCA – Brazilian Specialty Coffees Association

CNC –Conselho Nacional do Café – Brazil

CONAPROCAFE – Coalición Nacional de Organizaciones de Productores de Café – México

FNC – Federación Nacional de Cafeteros de Colombia

IACO – Inter-African Coffee Organization

India Coffee Trust

PROMECAFE

México, Guatemala, Honduras, El Salvador, Nicaragua, Costa Rica,Panamá, Perú, República Dominicana, Jamaica

SCA – Specialty Coffee Association USA

VICOFA – Vietnam Coffee and Cocoa Association

おわりに

こちらの記事はtwitterなどでシェアさせていただいたものですが、改めて紹介させていただきました。

確かに、末端の消費者である私たちにできることは限られているかもしれません。

簡単に解決できる問題でもないかもしれない。

でも、今日もコーヒーが飲めることは実はとても危うい現実の上に成り立っているんだということは心に留めておくべきではないかと思います。

カップから世界が見える、これもまたコーヒーの魅力かもしれません。

スペシャルティコーヒーはコモディティコーヒーとは別の流通経路だ、という方もいるかもしれませんが、スペシャルティコーヒーはコーヒーの流通全体で見れば、10パーセントにも満たないものです。

よくピラミッドの頂点のような描かれ方をすることもありますが、見方を変えれば巨大なコーヒー産業に支えられている、とも言えるのかもしれません。

それでは閉店時間がきたようですのでこの辺で。

-コーヒー
-, ,

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d bloggers like this: