「 月別アーカイブ:2019年11月 」 一覧

歴代エアロプレスチャンピオンのレシピを動画鑑賞する回

歴代エアロプレスチャンピオンのレシピを動画鑑賞する回

はじめに 今回は少し趣向を変えて、Youtubeに公開されているエアロプレス世界チャンプたちのレシピを動画と共に見ていこうと思います。 エアロプレスの世界は他のコーヒーの競技会とは少し違った性格を持っていて、その一つが「オープン」であることだと思います。 競技会の上位3名のレシピは下のサイトで全て公開されています。 驚くべきことにこちらは「公式サイト」です。 2017年の2位に日本人の名前(ナリサワさん)が燦然と輝いております。 ナリサワさんのレシピを参考に各項目の見方を簡単にご紹介します。 Directions: 1. Add coffee to the AeroPress 2. Pour water and start timer 3. Add 70g water and stir 20 times 4. Add 100g water 5. Put filter cap (with wet double paper filter) in place and flip the AeroPress 6. Press slowly until 1:50 7. Add 75g hot water 右に見えている「 Directions」というのが実際の手順です。この例の場合、 コーヒー粉をエアロプレスに入れる お湯を注ぎ、同時にタイマーをスタートする はじめに70gお湯を注ぎ、20回撹拌する さらに100gのお湯を注ぐ 2枚の濡れたペーパーフィルターをセットしたキャップを装着し、エアロプレスをひっくり返す 1分50秒になるまでゆっくりとプレスする 75gのお湯を追加する というように読み取れます。 細かいところで聞きたいこともあるかと思いますが(プレスは押し切るのか、など)これ以上詳しいことはここからはわかりません。 Coffee:Coarsely ground coffee: 28g, very finely ground coffee powder: 1.5g Grind:9/10 (1=very fine, 10=very coarse) Water:245g @ 85°C Brewer:Inverted Filter:Double Paper Total brew time:1:50 こちらは抽出時の各項目の詳細です。 コーヒー粉:粗挽き28g、極細引き1.5g 挽き目:9(1=極細挽き、10=粗挽き) お湯:245g、85℃ エアロプレスの向き:インバート(逆さま) フィルター:ペーパーフィルター2枚重ね 抽出時間:1分50秒 挽き目の「9」は、28gの極粗挽きの挽き目だと思います。 …

今更聞けない焙煎に関わる数字たち

今更聞けない焙煎に関わる数字たち

はじめに みなさん、こんにちは。 今回は焙煎の時に取得するデータに関する解説記事を海外のサイトから引用し再確認してみよう、という内容です。 焙煎する際に記録を採る方も多いかと思います。 天気、室温、湿度、投入温度、ボトム温度、経過時間と豆温度、釜内温度、排気温度などなど。 専門的な機器があれば豆の密度や水分含有量、焙煎後の焙煎度なども測れるかもしれません。 日々蓄積するデータと睨めっこしながら、テイスティングをしてフィードバック、そして検証、と終わりのないPDCAサイクル。 季節や天気に翻弄されながら、豆の持つ潜在的な可能性を最大限に引き出すべく格闘されているロースターの皆々さま、日々お疲れさまです。 今回の内容が少しでも皆さまのお役に立てば望外の喜び。。 というわけで、引用元は毎度お馴染み The Perfect Daily Grindさまで、記事は “RoR, Bean Temperature, & More: How to Use Common Roast Data“です。 世界の焙煎界隈では、どのようなデータ項目が注目され、議論の的になっているのでしょうか。 それでは早速読んでみましょう。 本編 With just a few temperature probes and a stopwatch, there’s a significant amount of data you can collect while roasting – especially if you also use roast programs capable of performing advanced calculations in real time.  いくつかの温度センサーとストップウォッチがあれば、焙煎中の重要なデータがたくさん採れる、特にリアルタイムに必要な計算までしてくれる焙煎用のプログラムを使っていれば尚更だ。 This data can aid you in developing consistent, controlled, and quality coffee roasts. But without a proper understanding of what the numbers you collect mean, they’re of little use.  このデータがコーヒーの焙煎を均質で、コントロールされていて、質の高いものにしてくれる。しかし、せっかく収集したデータもその意味がわからなければほとんど役に立たない。 To find out how to …

Ethiopian Coffee: A Roaster's Guide

エチオピアコーヒーの焙煎方法に関するある考察

はじめに みなさん、こんにちは。 今回はお馴染み Perfect Daily Grindより “Ethiopian Coffee: A Roaster’s Guide” という記事を読んでいきたいと思います。 エチオピア産の豆は非常に個性的で分かり易いフレーバーがあるため見落とされがちですが、そのフレーバーを最大限に引き出し、かつクリーンに仕上げるのは実は簡単ではないのかもしれない、と最近感じています。 特にナチュラル精製のものが焙煎が難しいと感じることがあります。 日本ではエチオピア産のコーヒーはとても人気があるのでこれを上手く焙煎できるかはとても大切だと思います。 海外ではどのようなアプローチで焙煎が行われているのでしょうか。 早速、読んでいきたいと思います。 本編 Ethiopian specialty grade coffee beans may be some of the finest you’ll ever roast, but they are also some of the ficklest. エチオピア産のスペシャルティグレードのコーヒー豆は素晴らしいと同時に気紛れだ。 To start with, there’s over 10,000 estimated Ethiopian bean varieties, including the crisp and citrusy Sidamo, bright and floral Yirgacheffe, intense and heavy-bodied Harrar, sweet and spicy Limu, and the tropical, silk-bodied Jimma.  1万以上の品種があり、その中にはクリスプでシトラス様のシダモ、ブライトでフローラルなイルガチェフェ、力強くフルボディのハラー、甘くスパイシーなリム、トロピカルでシルクボディなジマが含まれる。 In addition to this, high density, differences in screen size, and unknown varieties make them tricky to manipulate while roasting. Finding the perfect roasting profile is an exercise …

The Fermentation Effect

発酵の効果

はじめに みなさん、こんにちは。 本日紹介する記事はSCA(Specialty Coffee Association)が発行している25 MagazineのIssue10から”The Fermentation Effect“(「発酵の効果」)です。 コーヒーの発酵と聞くと、水洗式(ウォッシュト)でコーヒーを精製する際にミューシレージを取り除くために発酵槽に浸ける工程が思い浮かびます。 また、最近では発酵を利用するために有用な微生物を添加するなど、精製方法も多様化していると聞きます。 コーヒー好きなら精製工程がカップに与える影響の大きさは十分認識しているところかと思います。 さらには生産者が生産物により大きな付加価値をつけることができる点でも今後さらに注目が集まると予想されます。 今回は、この「発酵」というキーワードについての研究報告のご紹介となります。 本編 では、早速本編を見ていきましょう。 尚、今回からは本文を意訳する形でご紹介して参ります。 本文は全文掲載させていただきますので「?」な部分については Google翻訳やホンヤクコンニャクなどを利用して適宜ご確認いただければと存じます。 The journey of coffee is complex and fascinating. コーヒーの探求は複雑で魅力的 SOPHIA JIYUAN ZHANG and FLORAC DE BRUYN share research findings amassed during a four-year research collaboration focused on creating a better understanding of the impact of post-harvest coffee processing on coffee quality across different geographic locations. SOPHIA JIYUAN ZHANG と FLORAC DE BRUYNが、異なる地理的条件で収穫後の精製がコーヒーの品質に与える影響についての4年に渡る共同研究の成果を発表した。 As we walk along this path through the seeds, fruits, green coffee beans, roasted beans, and, finally, a brewed cup, we can appreciate the effort that goes into each single …

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.