歴代エアロプレスチャンピオンのレシピを動画鑑賞する回

コーヒー

歴代エアロプレスチャンピオンのレシピを動画鑑賞する回

投稿日:

はじめに

今回は少し趣向を変えて、Youtubeに公開されているエアロプレス世界チャンプたちのレシピを動画と共に見ていこうと思います。

エアロプレスの世界は他のコーヒーの競技会とは少し違った性格を持っていて、その一つが「オープン」であることだと思います。

競技会の上位3名のレシピは下のサイトで全て公開されています。

驚くべきことにこちらは「公式サイト」です。

W.A.C. Recipes

2017年の2位に日本人の名前(ナリサワさん)が燦然と輝いております。

ナリサワさんのレシピを参考に各項目の見方を簡単にご紹介します。

2nd Place: 2017 W.A.C.Yusuke Narisawa, Japan

Directions:

1. Add coffee to the AeroPress

2. Pour water and start timer

3. Add 70g water and stir 20 times

4. Add 100g water

5. Put filter cap (with wet double paper filter) in place and flip the AeroPress

6. Press slowly until 1:50

7. Add 75g hot water

右に見えている「 Directions」というのが実際の手順です。この例の場合、

  1. コーヒー粉をエアロプレスに入れる
  2. お湯を注ぎ、同時にタイマーをスタートする
  3. はじめに70gお湯を注ぎ、20回撹拌する
  4. さらに100gのお湯を注ぐ
  5. 2枚の濡れたペーパーフィルターをセットしたキャップを装着し、エアロプレスをひっくり返す
  6. 1分50秒になるまでゆっくりとプレスする
  7. 75gのお湯を追加する

というように読み取れます。

細かいところで聞きたいこともあるかと思いますが(プレスは押し切るのか、など)これ以上詳しいことはここからはわかりません。

Coffee:Coarsely ground coffee: 28g, very finely ground coffee powder: 1.5g

Grind:9/10 (1=very fine, 10=very coarse)

Water:245g @ 85°C

Brewer:Inverted

Filter:Double Paper

Total brew time:1:50

こちらは抽出時の各項目の詳細です。

  • コーヒー粉:粗挽き28g、極細引き1.5g
  • 挽き目:9(1=極細挽き、10=粗挽き)
  • お湯:245g、85℃
  • エアロプレスの向き:インバート(逆さま)
  • フィルター:ペーパーフィルター2枚重ね
  • 抽出時間:1分50秒

挽き目の「9」は、28gの極粗挽きの挽き目だと思います。

書き方からすると極細挽き1.5gというのの挽き目は「1」だと推測できます。

因みに、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、2014年にはササキさんという日本の方が優勝しています。

もちろん、レシピは上のサイトで確認できます。

というように、各年の上位3名のレシピが公開されておりますので、再現して検証してみてはいかがでしょうか?

本編

さて、ここからが今回の趣旨である動画付きでチャンピオンレシピを見ていこうの巻です。

2018年のチャンピオン動画はすぐには見つかりませんでしたので、今回ご紹介するのは2017年、2016年、2015年です。

早速、見ていきましょう。

Winner: 2017 W.A.C.Paulina Miczka, England

Winner: 2017 W.A.C.Paulina Miczka, England

Directions:

1. Put 35g of coffee into your AeroPress

2. From 0:00 to 0:15, add 150g of water

3. From 0:15 to 0:35, stir and keep stirring

4. At 0:35, put filter cap (with pre-wet filter) in place

5. At 1:05, flip the AeroPress and start pressing

6. At 1:35, stop pressing. You should have now 90ml of the concentrated brew (4.5%TDS)

7. Add 160g – 200g of hot water and enjoy!

  1. 35gのコーヒー粉をエアロプレスに投入
  2. 0秒から15秒の間に150gのお湯を投入
  3. 15秒から35秒まで撹拌し続ける
  4. 35秒になったらリンスしたペーパーがセットされたキャップを装着
  5. 1分5秒になったらエアロプレスをひっくり返してプレス開始
  6. 1分35秒になったらプレスを止める。この時、抽出液量は約90mlとなるようにする(TDSは4.5%)
  7. 160gから200gのお湯を追加する

最終的に、追加するお湯の量はTDS計を使って決めており、TDS1.3%になるように調整しています。

Coffee:35g

Grind:8/10 (1=very fine, 10=very coarse)

Water:370g @ 84°C

Brewer:Inverted

Filter:Paper

Total brew time:1:35

  • コーヒー粉:35g
  • 挽き目:8(1=極細挽き、10=粗挽き)
  • お湯:370g、84℃
  • エアロプレスの向き:インバート(逆さま)
  • フィルター:ペーパーフィルター1枚
  • 抽出時間:1分35秒

Winner: 2016 W.A.C.Filip Kucharczyk, Poland

Winner: 2016 W.A.C.Filip Kucharczyk, Poland

Directions:

1. Start the timer

2. Pour 150 grams of water for 15 seconds

3.Stir until 30 seconds on the timer

4. Put the lid on, wait until 1 minute on the timer

5. Invert AeroPress, give it a swirl, plunge

6. Add 100 to 120 grams of water to taste

  1. タイマーをスタート
  2. 15秒間で150gのお湯を投入
  3. タイマーが30秒になるまで撹拌
  4. キャップをして1分になるまで待つ
  5. エアロプレスをひっくり返し、軽く揺すってプレスする
  6. 味を見ながら100gから200gのお湯を追加する

タイマースタート前にコーヒー粉はチャンバーに入れてます。

「撹拌」については動画では「チョップスティック(箸)」で「20秒間」となっています。

プレス時間は動画では30秒間(1:00から1:30の間)となっています。

プレス自体は最後のガスが抜け切るまで押し切っています。

Coffee:35g

Grind:Coarse

Water:81°C

Brewer:Inverted

Filter:Paper, rinsed

  • コーヒー粉:35g
  • 挽き目:粗挽き
  • お湯:81℃
  • エアロプレスの向き:インバート(逆さま)
  • フィルター:ペーパーフィルター、リンスする

動画のハンドグラインダーが何かわかりません。プレス用くらいの粗さに見えます。

動画では湯温は「84℃」となっています。

動画ではペーパーは1枚のように見えます。

動画などから抽出時間は「1分30秒」です。

Winner: 2015 W.A.C.Lukas Zahradnik, Slovakia

Winner: 2015 W.A.C.Lukas Zahradnik, Slovakia

Directions:

1. Grind coffee at “7.3” on a Malkoenig EK43

2. Heat water to 79°C

3. Add 60g of water

4. Turbulent wiggle for 15 seconds

5. Allow 30 seconds of bloom

6. Add the rest of the water in 10 seconds

7. Press down for 45 seconds

  1. マルコニックEK43の「7.3」でコーヒーを挽く
  2. お湯を79℃まで温める
  3. 60gのお湯を注ぐ
  4. エアロプレス本体を揺すって15秒間攪拌する
  5. 30秒間待つ
  6. 残りのお湯を10秒で注ぐ
  7. 45秒間かけてプレスする

動画だと15秒蒸らして、15秒攪拌する、とあり、その後30秒待っている様子がないですね…

抽出時間も辻褄が合わないような気がします…

Coffee:20g

Water:230g @ 79°C

Brewer:Inverted

Filter:Paper

Total brew time:1:35

  • コーヒー粉:20g
  • お湯:230g、79℃
  • エアロプレスの向き:インバート(逆さま)
  • フィルター:ペーパーフィルター
  • 抽出時間:1分35秒

動画からするとペーパーは1枚だと思います。

抽出時間は上の手順からすると1分40秒のような気がしますが、どうなんでしょうか。

動画では「1分30秒」となっています。

おまけ

動画はありませんが、2018年チャンピオンと、折角なので2014年チャンピオン、ササキさんのレシピを見てみましょう。

Winner: 2018 W.A.C. Carolina Ibarra Garay, USA

Directions:

1. Set your water temperature at 85 degrees Celsius.

2. Prepare your filter paper (by rinsing with hot water) and grind your coffee.

3. Pour 100g of water for 30 sec.

4. Stir vigorously but carefully with wooden pair of chopsticks for 30 sec.

5. Put the filter cap on, flip the AeroPress and press into a glass server for 30 sec.

6. Do not preheat your serving vessel.

7. Top up your brew with 60g of 85 degrees Celsius water and 40g of room temperature water.

  1. 湯温を85℃に設定する
  2. ペーパーをリンスして、コーヒーを挽く
  3. 30秒かけて100gのお湯を注ぐ
  4. 満遍なくかつ慎重に木製の1組の箸で30秒間攪拌する
  5. キャップをして、エアロプレスを逆さまにして30秒間かけてプレスする
  6. この時、グラスサーバは温めないこと
  7. 85℃のお湯を足し、40gの室温の水を足す

30秒間撹拌し続けるんでしょうか・・

最後に室温のお湯を足すのも斬新です。

Coffee:34.9g

Grind:8/10 (1=very fine, 10=very coarse)

Water:160g @ 85°C, 40g at room temperature

Brewer:Inverted

Filter:Paper

Total brew time:1:30

  • コーヒー粉:34.9g
  • 粒度:8
  • お湯:160gで85℃のお湯、40gの室温の水
  • エアロプレスの向き:インバート(逆さま)
  • フィルター:ペーパー
  • 抽出時間:1分30秒

34.9gってなんでしょうか・・35gとはそんなに違うのでしょうか・・

Winner: 2014 W.A.C. Shuichi Sasaki, Japan

Directions:

1. Grind coffee at “9.5” on a Malkoenig EK43

2. Rinse paper filer with warm water

3. Heat water to 78°C

4. Add 40g of water

5. Allow 25 seconds of bloom

6. Stir five times

7. Add 210g of water and stir once

8. Press down very slowly for 75 seconds

9. Leave 45g of slurry in the AeroPress

  1. マルコニック EK43で「9.5」でコーヒー粉を挽く
  2. 温かいお湯でペーパーをリンスする
  3. お湯を78℃に設定する
  4. 40gのお湯を注ぐ
  5. 25秒間待つ
  6. 5回撹拌
  7. 210gお湯を注ぎ、1回撹拌
  8. 75秒間かけてプレス
  9. 45gの懸濁液をエアロプレスに残す

抽出液の出来高は221.5gということになるのでしょうか。

プレスにこれだけ時間をかけて全部抽出しきらないのはかなり技術が要りそうです。

Coffee:16.5g

Water:250g soft mineral water @ 78°C

Brewer:Upright

Filter:Paper

Total brew time:1:40

  • コーヒー粉:16.5g
  • お湯:250gの軟水、78℃
  • エアロプレスの向き:アップライト
  • フィルター:ペーパー
  • 抽出時間:1分40秒

結構粗めに挽いているように見えますが、コーヒーの粉は比較的少なめなのが意外でした。

湯温も低めですし、これだけ見ると未抽出になりそうですがどうなんでしょうか。

おわりに

エアロプレスのレシピは非常に多様ですが、これこそがエアロプレスがこれだけ広まった理由の一つです。

つまり検証の余地が広大にあるし、検証も非常にし易いので、抽出に対する知見が得られ易いのです。

また、エアロプレスの魅力的な文化の一つは「オープンであること」です。

世界中で検証が行われ、その結果はオープンにされ、それがさらなる広がりを産み出し、今日もどこかで新たなレシピが生まれ続けているのです。

最近の大きな流れとしては、「フレーバーを強く表現しつつクリーンさも併せ持つようなコーヒー」のように見えます。

つまり、かなり雑な言い方をすると、粗く挽いた粉をたくさん使って作った液体をお湯で割る、という潮流です。

この流れが今後どのように変化していくのかがとても楽しみです。

それでは!

-コーヒー
-, , , , ,

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d bloggers like this: