ペーパードリップしたコーヒーが 2型糖尿病リスクを軽減する

コーヒー

ペーパードリップしたコーヒーが2型糖尿病リスクを軽減する

投稿日:

はじめに

今回はコーヒーと健康についての話題を紹介します。

数年前、一日にコーヒーを2、3杯飲む人は病死のリスクが軽減するというニュースが話題になったのは記憶に新しいところです。

他にも、書籍やネットでもパーキンソン病や心臓病などとの関連も実しやかに囁かれていたりもします。

直接コーヒーがこれらの疾患に効果があるのか、それともこうした生活習慣の人に共通することがあるのかは定かではありませんが、いずれにせよコーヒーを常飲する人間にすれば明るい話題であることに間違いありません。

今回ご紹介するのは、Daily Coffee NewsよりFiltered Coffee Can Reduce Type 2 Diabetes Risk, Research Showsという記事です。

Filtered Coffee Can Reduce Type 2 Diabetes Risk, Research Shows

訳すと掲題の通り「ペーパードリップしたコーヒーが2型糖尿病リスクを軽減する」という研究結果を紹介する内容です。

それでは早速内容を見ていきたいと思います。

本編

Researchers in Sweden have affirmed conclusions drawn from previous studies showing that coffee consumption can help reduce the risk of people developing type 2 diabetes. The new study, however, makes a fine distinction for your grinds: drink filtered coffee.

スウェーデンの研究者たちは、コーヒーを摂取することが2型糖尿病になるリスクを軽減することを示した以前からの研究から導き出される結論を確認した。新しい研究ではさらに踏み込んだ結果が得られた。それはフィルターでドリップされたコーヒーを飲むこと、である。

For the purposes of their study, the research team at Chalmers University of Technology in Sweden identify filtered coffee as being filtered with some sort of absorbent material — such as paper filters commonly used in drip coffee machines or pourover baskets — as opposed to non-absorbent metal filters, boiled coffee or instant coffee, or espresso.

スウェーデンにあるChakmers University of Technologyの研究チームの目的は、コーヒーメーカーやポアオーバーで広く使われているペーパーのような吸収力のあるフィルターで抽出されたコーヒーとそれ以外の吸収力のないメタルフィルターやBoiled Coffee、インスタントコーヒー、エスプレッソの違いを突き止めることだった。

“We have identified specific molecules — ‘biomarkers’ – in the blood of those taking part in the study, which indicate the intake of different sorts of coffee,” Chalmers food science professor Rikard Landberg wrote in a summary of the recent study. “These biomarkers are then used for analysis when calculating type 2 diabetes risk. Our results now clearly show that filtered coffee has a positive effect in terms of reducing the risk of developing type 2 diabetes. But boiled coffee does not have this effect.”

「我々は血中のある特定の分子『バイオマーカー』、これは異なる種類のコーヒーを摂取したことを示す、を利用しました。」と語るのはChalmersの食品科学の教授Rikard Landbergだ。「これらのバイオマーカーの観測結果から2型糖尿病リスクを計算しました。この結果が明らかにしたのは、フィルター抽出されたコーヒーが2型糖尿病のリスクを軽減するのに効果的であることと、ボイルドコーヒーにはこのような効果が見られなかったことです。」

The study showed that people who drank two to three cups of filtered coffee per day had a 60% lower risk of developing type 2 diabetes than people who drank less than one cup of filtered coffee a day. Consumption of boiled coffee showed no effect on the incidence of type 2 diabetes among study participants.

研究結果が示したのは、1日に2、3杯のフィルターコーヒーを飲む人は1杯未満の人に比べてそのリスクが60%も軽減されることだ。ボイルドコーヒーではこのような結果が得られなかった。

The researchers believe the difference in results may be explained by diterpenes, a type of molecule found in boiled coffee that is removed through filter applications.

研究者たちはこれらの違いはジテルペンによって説明できると考えている。この物質は煮出されたコーヒーの中に存在するが、フィルターによって濾される。

“Filtered coffee refers to methods in which finely ground coffee beans are placed in a filter, and then water passes through, either in a machine or manually,” the university explained in an announcement of the published research. “Boiled coffee is made with coarsely ground coffee beans which are then added directly to the water. This method also includes Turkish and Greek coffee. In the USA, filtered coffee is the most common variety, while instant coffee dominates in the UK. Espresso-based drinks are most common in Southern Europe. Turkish coffee is popular in the Middle East and Eastern Europe.”

「フィルターコーヒーは比較的細かく挽かれたコーヒーがフィルターに投入され、そこにお湯が注がれます。それはコーヒーメーカーでもポアオーバーでも同じです。」発表された論文で大学側は説明する。「煮出すタイプのコーヒーは比較的粗く挽かれたコーヒーが直接お湯に投入されます。このタイプにはターキッシュやギリシャコーヒーが含まれます。USAではフィルターコーヒーが最も一般的で、UKではインスタントコーヒーが主流です。南ヨーロッパではエスプレッソベースのコーヒーが最も一般的です。ターキッシュは中東や東ヨーロッパで一般的です。」

Landberg guessed that espresso from traditional espresso machines or from pod brewers, French press, percolators or other brewing methods may also not carry the preventive properties of filter coffee, “but the researchers are careful to note that no conclusions can be drawn yet regarding these other preparation methods,” the university stated.

Landbergが示唆するのは、伝統的なエスプレッソマシンやポッドから抽出されるエスプレッソやフレンチプレス、パーコレーターなどの他の抽出方法はフィルターコーヒーのような予防効果はないだろうということである。「しかし、研究者たちはこれらの方法についてはまだ結論が得られていないと言及しています。」と大学側は発表した。

Landberg also noted that the potential health effects of coffee consumption depend on much more than the grounds-and-water separation method. For more on this idea, let’s republish the Daily Coffee News Unscientific Diabetes Risk Analysis Chart (DCNUT2DRAC), which was first published in 2012:

Landbergはさらにコーヒーの消費による健康への効果は珈琲粉と水分の分離方法に止まらないと付け加えた。このアイデアについてさらに詳しく知りたければ、過去の記事を参考にしよう。

Daily Coffee News Unscientific Type 2 Diabetes Risk Analysis Chart

Daily Coffee News的非科学的糖尿病リスク分析表

・Coffee = less risk

・32-ounce pumpkin spice latte with 9 pumps of syrup = more risk

コーヒー=リスク減少

32オンスの9ポンプのシロップ入りパンプキンスパイスラテ=リスク増大

おわりに

最後はジョークでしょうが、当たり前ですけどコーヒーに砂糖やシロップをどっさり入れたら糖尿病のリスクは減少するどころか増大してしまいます。

元の論文を読まないと詳細はわかりませんが、フィルターペーパーがジテルペンを吸収することが糖尿病リスクを減少させる、という内容です。

どうやら、フィルターを通すか通さないか、という比較を行っただけで他の金属フィルターやエスプレッソなどについては確認できていない、ということなのかもしれません。

このような内容の記事は他にもあるようですので、今後ご紹介できればと思います。

それでは!

-コーヒー
-, ,

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d bloggers like this: