「 honey 」 一覧

コーヒーの精製方法について、ナチュラルとパルプトナチュラル、ハニー

コーヒーの精製方法について、ナチュラルとパルプトナチュラルとハニーと

はじめに 今回ご紹介する記事は、The Perfect Daily Grindより、Coffee Processing: Exploring Naturals, Pulped Naturals, & Honeysです。 またまた「発酵プロセス」についての記事です。 今回はナチュラルやハニーといった、豆に果肉を残して乾燥工程に入る精製方法を少しカジュアルに解説した記事です。 それでは早速読んでみましょう。 本編 What unites naturals, pulped naturals, and honeys? They dry with all or some of the cherry attached. But what separates them? Quite a lot. ナチュラルとパルプトナチュラル、ハニーをつなぐものとは何だろうか。これらはチェリーが全部、あるいは部分的に残った状態で乾燥する。でも何がそれらを分けるのだろうか。実はかなり違う。 Broadly speaking, coffees that dry with the cherry attached will be fruitier, sweeter, and heavier-bodied. But there’s a big difference between a black honey, a white honey, and a natural. 大雑把にいうと、チェリーが付いた状態で乾燥するとフルーティに、甘く、ボディが重くなる。しかし、ブラックハニーとホワイトハニー、ナチュラルには大きな違いがある。 To find out more, I spoke to the team at Ipanema Coffees, a Brazilian farming group that works with a variety of coffee processing methods. さらに詳しく調べるために、ブラジルで様々な精製方法でコーヒーを生産するブラジルの農園、Ipanema Coffeesのチームと話した。 Fermentation & …

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.