「 Profaile 」 一覧

カッピングの精度を向上させるためにできること

質の高いカッピングのために考えるべき6つのこと

はじめに カッピングは何故重要なのでしょうか? そもそもカッピングは必要でしょうか? 普段淹れているドリップコーヒーとは全然違うし、それでもやる意味はあるのでしょうか? 意味あります。 もちろん、「コーヒーは普段お家で嗜む程度です」、という方には「必要」とまでは言えないかもしれません。 それでもやってみることをオススメします。 何回かやってみるときっといろいろな発見があるはずです。 自分にとって「良い」あるいは「美味しい」コーヒーとは何か。 そして味覚が鋭敏になるからなのか、自分の食べ物の「好み」がはっきり分かるようになり、美味しい食べ物に出会う機会が増えると思います。 一方で、コーヒーを売るような立場の方やご自身で焙煎などをされる方などにはきっぱりと「カッピングは必要」と言っておきましょう。 正式なカッピングはいわゆる「浅煎り」で行われることが多いですが、焙煎度の問題ではありません。 評価方法が標準化されていないという問題はありますが、深煎りのコーヒー豆でカッピングをしてはいけないという決まりはありません。 カッピングには大きく分けると2つの役割があります。 1つは生豆の買い付け時やCOEなどの品評会で行う「評価」と日々の業務で行う「品質管理」です。 前者の「評価」では焙煎度、挽き具合、湯温、抽出時間など豆以外は原則同条件下で行われます。 「品質管理」では自分が焙煎したコーヒーが商品として適当かを判断したり、最適な焙煎度を選定したり、焙煎環境の変化に対応したりするために行われます。 後者では「カッピング」でなくてもいいような気もしますが、カッピングのように簡便に同条件下で一度に複数のコーヒーを評価する方法はなかなか他に見当たりません。 特にコーヒーで商売している人間にとっては「均質さ」というのはとても重要です。 同じ銘柄であれば、いつも変わらないものを提供する、ということです。 これはお店の売りが浅煎りであれ、深煎りであれ同じことです。 この時、いつも同条件で何種類も同時に品質を評価する方法としてカッピングはとても適していると言えます。 今回ご紹介する記事は、またまたまた出ましたThe Perfect Daily GrindのHow to Ensure Consistency When Cupping Coffeeという記事です。 カッピングを適正に行う際に気をつけるべき6つの項目を挙げています。 それでは、早速読んでいきたいと思います。 本編 What good are your cupping notes if the coffees on the table haven’t been extracted to the same degree? 同じように抽出されていないコーヒーがテーブルに並んでいてもカッピングに対して良いことは何もない。 Cupping is an indispensable tool for anyone wanting to buy, sell, or roast coffee. It’s used to compare lots, identify profiles, spot green and roast defects, make purchasing decisions, and determine farming and roasting methods.  カッピングはコーヒーを買いたい人や売りたい人、焙煎したい人の誰にとっても不可欠なツールだ。ロットを比較し、プロファイルを同定し、生豆と焙煎の欠点を浮かび上がらせ、購入の決断に寄与し、栽培と焙煎の方法に影響を与える。 This makes accuracy and consistency in cupping sessions crucial. …

Copyright© G’DAY COFFEE ROASTERY , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.